« ヨツボシクサケゲロウ | トップページ | イチモンジチョウの卵 »

2008年6月11日 (水)

ダイミョウセセリの1齢幼虫

080609daimyouseseri

先日アップしたダイミョウセセリが孵化した。
産卵から5日目で孵化したことになる。
孵化した直後の幼虫を見て驚いたのは頭部の異様に大きいこと。
その幼虫を山芋の若葉に移すと、
直ぐにハキリバチのように葉を半楕円に切り始めた。
切り目を入れた葉を内側に折って巣を作るらしい。
孵化して間もない幼虫が早速に巣作りを始めるのは驚きだ。
葉には、目を見張るような早さで切り込みが入っていく。

小さな初齢幼虫が大仕事を難無くスピーディに仕上げる事が出来るのは、
驚くほど大きく見えた頭部の御陰なのだろう。
葉を切るにはそれなりに大きな口器でなければならないから、
それに見合うように頭部も大きいのであろう。

人間が一人前に家を造るのは並大抵のことでは無いが、
ダイミョウセセリは生まれたての赤ちゃんが
ちゃんと自前の家を造ってしまうのだから本当に驚きだ。

(画像はクリックすると少し拡大します。)

« ヨツボシクサケゲロウ | トップページ | イチモンジチョウの卵 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ダイミョウセセリの1齢幼虫:

« ヨツボシクサケゲロウ | トップページ | イチモンジチョウの卵 »

最近のトラックバック

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト
無料ブログはココログ