« 枯れ葉に似せるセグロシャチホコ | トップページ | ヨツボシクサケゲロウ »

2008年6月 5日 (木)

毛むくじゃらのダイミョウセセリの卵

20080604daimyouseseri

山道を歩いていると突然ダイミョウセセリが飛び出して来て、
草むらから真っ直ぐ伸び出ているヤマイモ科の若い蔓に止まった。
暫く見ているとお尻の先を曲げているようなので、
産卵に違いないと思い慌ててカメラを向けた。
数カット背面から写して、
腹部が見える位置に向きを変えようとしたら逃げられてしまった。
卵を産んだ辺りを見てみると卵が2つ蔓に付いていた。
カメラのモニターで確認すると、
卵の表面はもじゃもじゃの毛で覆われていて驚いた。
昆虫類の卵はタマゴコバチなどの寄生蜂に産卵されるから、
これは天敵から免れる為のカムフラージュなのかも知れない。
ダイミョウセセリは産卵した卵に腹部の先をこすりつけて
体毛を付けるのだそうだ。
いつもながら小さな昆虫の知恵には驚かされるばかりだ。
(クリックすると画像を少し拡大して見られます)

« 枯れ葉に似せるセグロシャチホコ | トップページ | ヨツボシクサケゲロウ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 毛むくじゃらのダイミョウセセリの卵:

« 枯れ葉に似せるセグロシャチホコ | トップページ | ヨツボシクサケゲロウ »

最近のトラックバック

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト
無料ブログはココログ