« 大雪のジョロウグモ | トップページ | 冬至のジョロウグモ »

2007年12月14日 (金)

師走のヒロヘリアオイラガの幼虫

071213hiroheriaoiraga
庭のツバキの根元にヒロヘリアオイラガの終齢幼虫がうずくまっていた。
数日前には他にも2匹ほどがそばに集まっていた。
このイラガは蛹で越冬するらしいから、
これから繭を作って中で蛹に成るのだろう。
昆虫が蛹になる時、幼虫時代を過ごした場所から他の場所に移動する昆虫類は多い。
根元に集まっているのは、これから繭に成る場所を探しに行くという事なのだろうか。
それにしても、この師走に入って繭を作るとは驚きだ。
温暖化で例年よりも発生世代が一世代増えて、
この時期まで幼虫がずれ込んでいるということなのかもしれない。

« 大雪のジョロウグモ | トップページ | 冬至のジョロウグモ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 師走のヒロヘリアオイラガの幼虫:

« 大雪のジョロウグモ | トップページ | 冬至のジョロウグモ »

最近のトラックバック

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト
無料ブログはココログ